インフォサーブロゴ

 

eCognition Suite

■ eCognition Developer 9

eCognition Developer 8eCognition Developerは、オブジェクトベース画像解析のための強力な開発環境を提供します。このソフトウェアによりリモートセンシングデータの自動解析に利用できるルールセット(あるいはeCognition Architect用のアプリケーション)の開発を行います。

 

 

 

フリートライアル・ダウンロード


<トライアル版詳細>


eCognition Developer

特徴

eCognition Developerは植生マッピング、特徴抽出、変化検出およびオブジェクト認識のようなあらゆるリモートセンシングの課題に利用できます。オブジェクトベース・アプローチは、中高解像度の衛星データや高・超高解像度の航空写真、Lidarあるいはハイパースペクトル・データのような多くの一般のデータの解析を容易に行うことが可能です。

  • オブジェクトベース画像解析のための膨大なツールおよびアルゴリズム

eCognition Developer は、様々な画像解析に適応した包括的なアルゴリズムを多く提供します。ユーザは、セグメンテーションの多様なアルゴリズム(multiresolution segmentation、quad treeるいはchessboardoffers等)を選択できます。また、分類処理のアルゴリズムは、サンプルベースの最近隣法、ファジー理論メンバーシップ関数あるいは文脈分析を含んでいます。さらに、レイヤー処理のアルゴリズムとして画素ベースのフィルタリング(Slope、Aspect、エッジ抽出あるいはユーザが定義したレイヤー演算等)を利用できます。

eCognition Developer

機械学習(ベイズ分類器、サポートベクトルマシン(SVM)、分類木・回帰木(CART))やテンプレート・マッチングも利用できます。

eCognition Developer

  • 直感的に使用できるグラフィカルおよびインタラクティブな開発・テスト環境

グラフィカル・ユーザ・インターフェースは、様々なソースの画像データを柔軟に表示できます。単純なドラッグ&ドロップ機能は、プログラミング技術を有しないユーザにも、標準的な画像解析のためのルールセットやアプリケーションの迅速な開発を可能にします。上級ユーザは、強力なツールを活用し、高度なタスクさえ対処することが可能です。

  • 単一デスクトップからエンタープライズ・プロダクション・ワークフローまでの拡張性
  • 自動化と生産

eCognition Architectにおいてアプリケーションを設定すれば、 eCognition Serverにより大量の画像にそれを適用できます。これにより、画像解析プロセスを自動化し、さらにサービス指向アーキテクチャによる大規模な拡張性を提供します。

eCognition Developer

  • Software Development Kit (SDK)

eCognition Developerに含まれているSDKは、アルゴリズム、オブジェクト・フィーチャー等を追加しeCognition Developerの主要機能を拡張することができます。この方法により、カスタマイズされたセグメンテーション、分類処理、レイヤー処理あるいはオブジェクト・フィーチャーをソフトウェアに追加できます。

  • ルールセット・リソースへのオンライン・アクセス

処理概要

データの読込みでは、任意の組合せのデータをインポートできます。異なった解像度はもちろん異なったセンサのデータも組合せて処理できます。

画像セグメンテーション(Segmentation)により均質な画像領域に区分します。このセグメンテーションの結果は、画像解析に利用する基本レイヤーです。

画像解析は条件設定やサンプル(教師)あるいは両者の組合わせによって実施されます。スペクトル情報あるいはテクスチャ属性だけでは認識できなかったフィーチャを文脈解析によって抽出できます。

抽出されたフィーチャはラスタあるいはベクタフォーマットとして出力できGISの処理に速やかに利用できます。ひとつのタスクで開発したルールセットおよびアプリケーションは大きな領域で再利用でき、効率的な自動画像解析が可能です。

具体的な処理のフローは、トライアルソフトウェアをダウンロードしてお試しください。

qucikstart_banner

ダウンロードの内容

  • User Guide
  • Reference Book
  • eCognition Developer (v9.1)* Trial Software

トライアル版は、試用期間に制限はありませんが、下記が制限されています。

  1. 処理結果の 出力機能は利用できません。
  2. ルールセットは保存できません。
  3. ワークスペース環境は利用できません。
  4. トラアル版で保存したプロジェクトはeCognition Developerのフルライセンス版では開くことができません。

なお、eCognitionはMac, Linux, Windows 32 bitには対応していません。

 

動作環境

必要システム構成

CPU:Intel Pentium 4 / Intel Dual Coreまたは互換
グラフィックカード:NVDIAあるいはATI OpenGL
RAM:1 GB
HDD空き領域:50 GB
ディスプレイ解像度:1280x1024

推奨システム構成

CPU: Intel Dual CoreまたはQuad Core
グラフィックカード:NVDIAあるいはATI OpenGL
RAM:4 GB
HDD空き領域:200 GB
ディスプレイ解像度:1600x1200

オペレーティング・システム
  • Microsoft Windows 7 Professional (64 Bit)
  • Microsoft Windows 8 (64 Bit)