インフォサーブロゴ

 

 

Geomatica 2017 新機能

Geomatica 2017では、オブジェクトベース分類およびインターフェロメトリSARのためのパッケージが新たに追加されました。
また、DEM編集、正斜補正、モザイ処理および空中三角測量の機能が強化されました。

Geomatica2017

 

 主な新機能

Object Analyst

オブジェクトベース分類のためのパッケージが追加されました。

  • 覚えやすく、使いやすいインターフェース
  • PCIにより開発された、statistical region-growingによる最新の画像セグメンテーションアルゴリズムおよび簡便なマニュアル編集ツール
  • 早く簡単な特徴抽出
  • 機械学習およびMaximum likelihood classifier (MLC)による教師付き分類、K-meanによる教師なし分類
  • ユーザが定義したルールによる分類

InSAR

インターフェロメトリSARの処理のためのパッケージが追加されました。

  • SAR処理のエキスパートおよび非エキスパートの両者に、簡単に処理と操作ができるように設計
  • エンドツーエンドによるインターフェロメトリ処理、表面標高変動の時間的解析および結果表示
  • レジストレーションされた時間系列の複数の変動プロダクトによる、変動パターンの長期解析

その他

Geomatica 2017 では、さらに下記の改善を含む多くの改善がなされています。

  • OrthoEngine: プロジェクトオーバビュー、残差のレポートと編集などプロジェクトの管理や生産性の向上の為の改善
  • モザイク処理: 異なる解像度のデータのモザイクが可能
  • 空中三角測量: GCPがさらに適切に収集できるようになり、収集されたGCPの改善のためのBlunder detectionおよび間引きのための機能が追加されました。
  • DEM編集: ブレークラインおよびスタビライゼーションポイントの生成と使用を可能にする新しい編集ツールの追加

 

.